住宅補助のある会社に転職するメリット~

webプロデューサーという肩書き、webつまりインターネットのサイトをプロデュースするってことですが、具体的にはどんな仕事なのでしょう。webプロデューサーというのは、制作に関する企画そのもの、そのための予算、実際のデザインやプログラム制作に必要なスタッフの確保と仕事の指示、それら全体を組織立てて指揮する仕事です。
従って、一般的には他のスタッフよりは少し年長の人が就任することが多く、立場としては「上」になります。
あくまでも企画の段階から、つまり企画のプレゼン(企画のプレゼン関連ページ)を作る段階から携わっていることになります。このようなwebサイトを作り上げたいという案を具体的に企画として社内やクライアントに紹介し、それに賛同してスポンサーが予算がついてくるというのがwebプロデューサーの仕事です。
よくあるみたいな受注仕事、つまりクライアントの具体的なプロジェクトが持ち込まれて、それを実現させてほしいというタイプの仕事には、普通webプロデューサーはつきません。

シニア 求人