転職し中途入社する際に気をつけるべきこと~

旅行 転職

テレビプロデューサーというのは、テレビ番組の制作を一切に渡って総括管理する仕事です。ラジオ番組の場合はラジオプロデューサーと言います。予算や人事、収録管理を任されるのです。
放送局が自前で制作するとき以外は、曲と制作プロダクションと両方にプロデューサーがいて、連絡・協議しながら制作の管理をしています。
新たに番組を制作するとなると、その実現に向けてプレゼンをしてテレビ局や制作部の合意を取り込み、予算を獲得するわけです。スタッフもその予算内で見つけ、後は番組の総指揮を執ります。出演者もプロデューサーが決めます。ディレクターはその指揮下で働いて、質の高い番組制作を実現していくのです。
http://job.j-sen.jp/
このテレビ番組のプロデューサーという仕事、各放送局などで呼び方が異なることがあるくらい、統一した定義づけがありません。必要に応じて自然発生した業界用語だとも言われています。
プロデューサーは総指揮官、その下に業務をアシストするアシスタント・プロデューサーや、関係者のスケジュール管理や予算管理を担当するライン・プロデューサーというのもいます。
ラジオプロデューサーを目指す方はこちら:ラジオプロデューサーを育成する専門学校ホームページ